傷をつけない為の下準備

}PgžxQ

 

日頃の生活習慣によって、身体のいたるところに血行不良が起こってしまう場合があります。その結果、くすみが出来るなどといった異常が起こってしまう事があるため、出来るだけ血行不良は防ぐ事が望ましいといえます。これは頭皮にも同様の事がいえますが、頭皮の血流の流れが悪くなる事によって、毛髪の発育を妨げたり脱毛の原因になったりと、悪影響を被る可能性が十分にあります。頭皮の血行不良を解消するには、あらかじめに予防する、もしくは「頭皮マッサージ」を行なう事がおすすめです。

 
頭皮マッサージは頭髪を気にしている人であれば、大抵の人が経験した事のある事でしょうが、これは一時だけ行なっても効果は薄く、長期的にそれも定期的に行なっていく事がより効果が現れてきます。頭皮マッサージで血行を促進すると、毛髪にしっかりと栄養が行き渡り成長を促す事に加え、脱毛を防ぐ事が出来る事があるともいわれています。ただ、マッサージの際に爪で傷をつけてしまう事は避けておきたいトラブルの一つです。普段から丁寧に処理している人には問題の無い事ではありますが、頭皮に傷をつけると、その部分の毛髪が抜けてしまったり、その後に傷が治癒するまでマッサージを行なえなかったりといった弊害があります。まずは爪を切る様に心がけましょう。

Comments are closed.